斎場について

斎場は、もともとは神道用語で、祭祀・儀式を行う場所を意味しました。神道では、恒常的に設置されている神社のほか、必要に応じて野外・仮設建物などを、祭祀・儀式の場として用いる場合もありどちらの場合も斎場と呼びました。
また葬儀については、神道では死穢を嫌うことから、神社では行われず、死者の自宅などの場で執り行われる場合も多く、この葬儀が行われる場のことも斎場といいました。

葬儀が自宅葬から会場葬に移るに従い、葬儀会場として使われる場所が斎場を名乗るようになりました。また、火葬場についても、多くの公営施設がそうであ るように葬儀会場が併設されているものについて、火葬場という表現から斎場へと言いかえが行われ、葬儀関連施設を広範に示す言葉として定着しました。
公営の火葬場・斎場施設は一行政区に一つ(まれに二つ)ある場合と、複数行政区で連携して一つ持っている場合があります。

ただし、東京都は若干事情が違います。
東京23区内と周辺においては都営の瑞江火葬場は斎場が併設されていませんし、臨海斎場は併設ですが5区共同運営です(港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区)。
これらを除く23区内と周辺の火葬場は民営になります。これら民営火葬場には斎場も併設されています。(町屋斎場、落合斎場、代々幡斎場、桐ケ谷斎場、四ツ木斎場、堀ノ内斎場、戸田葬祭場、日華多摩斎場、谷塚葬祭場)
たとえば上記のような火葬場併設の斎場を利用しない場合、斎場と火葬場は別の場所になりますので、火葬の時に移動の必要性が生じ車などで移動することになります。

急な葬儀の手配とご相談はこちら
24時間365日 受付通話無料
明確な料金、お近くの場所、ご葬儀の質など多様な選択肢から満足度の高い葬儀社をご紹介します。
0120-205-530

千葉県の斎場を探す

中央部

北部

南部

千葉県の葬儀情報

千葉県の葬儀の風習・しきたり

千葉県でも近代化の進んだ都市部や新興住宅地では、自治会と言う名称で地域活動していますが、昔から古いしきたりの残る山村や農村、漁村部では、今なお葬儀の際「葬式組」「斑」と呼ばれる隣組組織があり、強い結びつきのもとで通夜、葬儀の準備や手続きなどを喪家に変わって行っています。
また、通夜では「年寄り講」を行います。これは葬式組が僧侶と一緒に念仏を唱える念仏講のことです。さらに、納骨の際には「四本旗」といわれる埋葬品の準備も行います。
その他には、長寿銭を配る地域や、親族が告別式で焼香の前に酒を回し飲みをする別れの盃(松戸周辺)や、出棺は青竹の下をくぐる風習(匝瑳市周辺)などがあります。

千葉県の葬儀の費用、相場

葬儀費用は会場の規模や参列者の人数によって違ってきますが、千葉県の葬儀費用は平均188万円です。全国平均では180万円ですので、千葉県は全国平均よりやや高めです。
これは、葬儀費用の中でも飲食接待費のお金をかけて、参列者をもてなす傾向にあり、葬儀に関しても故人の思い出の映像を写したりするなどの演出をするため割高になっています。
近年は、農村、漁村部とも高齢化や過疎化の影響もあり、葬儀なども簡素化が進んでいます。このような世相を汲んで葬儀社もさまざまな格安プランを提案して、通夜から火葬、精進落としまで一会場で賄えるような仕組みを作っています。

急な葬儀の手配とご相談はこちら
24時間365日 受付通話無料
明確な料金、お近くの場所、ご葬儀の質など多様な選択肢から満足度の高い葬儀社をご紹介します。
0120-205-530
  • 葬儀安心読本プレゼント
  • 施行業者インタビューと20の社葬事例無料ダウンロード
  • イマドキの葬儀事情
  • 参列のマナー
  • 関連サービス
  • いい葬儀
  • 社葬.com
  • 遺品整理なび
  • 遺産相続なび
  • いい葬儀提携募集